フォト

Blogパーツ

なかのひとブラウザ

  • Firefox3 Meter

なかのひと

« 「二輪車ライダー排気量募金」のお知らせ | トップページ | 水騒動と言えるかもしれない話。 »

2011/03/17

自己満足かもしれないという話

あれだけライダーにできるボランティアとかツイッターやブログで書いておきながら、実際に近隣で計画停電が実施されることもなく、なんかモヤモヤし続けていた日々。

今日は急に早期退社指示が出たために時間を持て余していたのですよ。
部屋に帰りつくくらいの時に妹からメールがあり、実家のの状況などを知りました。

・実家付近は水道はまだ復帰していないこと
・ガソリンもまだまだで、入れて帰れなくてその辺に乗り捨てられたクルマも多数あること
・洋野町の友人と連絡が取れたということ
・福島の富岡に住んでいる大叔父は石岡の大叔母のところへ避難したということ
・父と義弟は仕事に行き始めたこと
・母も買い占めするような愚行をしてしまってるということ

そんなことを細々教えてくれる中で、東京の停電を心配してたのですよ。
「停電は大丈夫?こっちは停電もなく申し訳ない気持ちです。」
って。

辛くなっちゃってさー...(;つд`)
なんで自分のとこは水道も復旧してないし、自分の住んでるアパートはヒビが入って住めない状態なのに、東京の心配なんかするんだろう。
こっちなんか物資もガソリンも馬鹿が買い占めなければ全く問題ないのに、そんな東京の心配なんかするのか。


辛くなって、何もしてないし何もできない自分恥ずかしくて、そんな時に川挟んで向こう側の川崎市幸区で計画停電が始まったというツイートを見かけたので、厚着して自転車乗って走り出しましたよ。


ホントに真っ暗で、でも数ブロック先では明かりがついてたりして変な感じで。
たまたま信号があって交通量がほどほどあり、バスも通り、人も自転車もそこそこ通るような交差点にたどり着いて、そこで立つことにしたんです。
持ち物はライトセイバー。


最初は周りが見えなくて変な誘導してしまったり、自分に近づいてるクルマに気づかなくて運転手のおっちゃんにボロクソ言われたり、パトカー乗った警らのおまわりに「あのねー、何危ないことやってんの。やめなさいよ」と言い捨てられた訳なんですがね...

でも、渡りたくてもなかなか渡れないおっちゃんとか子連れさんとか見たらクルマ停めて渡らせたいじゃない。
そのうち、なんとなく
「車同士の場合は無理に交通整理する必要はない」
ってのか分かってきて、真っ暗な中で乗るような人って普段から乗ってるような人がほとんどだから、お見合いしたとしても譲ったりのアイコンタクトができるんだって。
それよりも、歩行者が居たり同じようなタイミングで交差する方向からクルマが近づいてる時に、ライトセイバーを振り回すと「なんかあるぞ?」と気にしてくれると分かってきたのですよ。


そんな素人同然の「交差点の存在を知らせる何か」でしかない交通整理だったけど。


クルマの人がクラクションや手を上げてくれる。
窓開けてご苦労様と言ってくれる。
自転車や歩きの人もありがとうと言ってくれる。
それどころかペットボトルのお茶を差し入れてくれた人までいる。

頼まれたわけじゃないのに勝手に交差点に立ってライトセイバーを振り回していただけなのに、それこそ自己満足でしかないけれど。
多分、ワタシがそこに立っていなくとも大して混乱は無かっただろうし、当然事故も起きないだろうしし。
でも、普段だったら信号があって街灯があって明るい交差点かもしれないけど、真っ暗になった途端そこに交差点が有ることに気づきにくいようなところだったら、1人2人立っていた方が良いと思うのです。
ましてやクルマだけじゃなくて自転車も人も通るようなところだったら尚更。


余計なお世話かもしれないし、おまわりか言い捨てて行ったように危ないだけなのかもしれないけど、真っ暗になった交差点に立ってドライバーに注意を促すのも必要な事だと思うのです。
もし自分が運転中だったら、そういう交差点の方が少しは安心して通れるし。


絶対必要ではないけど、1人でも安心して通れるように、停電時の交差点に立つボランティアは無駄ではないと自己弁護して筆を置きます。

« 「二輪車ライダー排気量募金」のお知らせ | トップページ | 水騒動と言えるかもしれない話。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26366/51147164

この記事へのトラックバック一覧です: 自己満足かもしれないという話:

« 「二輪車ライダー排気量募金」のお知らせ | トップページ | 水騒動と言えるかもしれない話。 »