フォト

Blogパーツ

なかのひとブラウザ

  • Firefox3 Meter

なかのひと

« 滋賀に行ってきました | トップページ | 妄想工作 »

2009/04/22

理想論

「でも、それって理想論だよね」


と良く言われます。
仕事で。

現場の人とね、よく話をするんですよ。
ここはこうした方が良い、とか、この作り方は本来良くないんですよね、とか。
それで上のような事を言われるんです。

でも、ワタシが理想論言わなくなったらおしまいだと思うんですよ、会社って。
何故かって言うと、ワタシの職種は『生産技術』だから。
まぁ、生産技術でも色々あるかもしれないけど、ウチは基本的に現場の改善、作業の効率化が主業務。
理想に近づけて、少しでも品質を維持する、利益を上げるのがお仕事だから。

今はこうだけど、こうしなきゃいけない

ってのを持ってないと、実際に何もできないと思うのですよ。
それがいま直ぐではなくても、理想の形にもっていかないと。
理想の形ってのは日々変わるから、今のやり方も昔は正しかったのかもしれないけど、今の情勢には適してないとか考えなきゃいけないわけで。
現場には理想論かもしれないけど、ウチらは実際に目標としないといけないと思ってるのですよ。
じゃなきゃ、ウチの職種は要らない。


ただ、作業する人の事も考えないといけないわけで、とにかく合理化すれば良いってだけではないと思ってるのです。
ただ闇雲に方法や設備を押し付けるんじゃなくて、使いにくいなら何が使いにくいのか、やりにくいのは何故かってのをちゃんと汲み上げて更に改善する方向にもっていかないと。
「オレが折角作ったのに使えねぇってどういうことだ?」って偏ったプライドは要らないのですよ。
『コレを作って、現場も満足して使ってくれるし、実際に数字も上がった』ってので始めてチョット喜んでいいと思う。

理想は『いま作業している熟練者のレベルに届かなくても、初心者が少し教わればある程度の品質で作り続けられる』作業方法、そのための治具・設備。

数年前までは自分のできる事が見えてなかったから、自惚れもあったし、とにかくこなせば良いと思ってた。
最近は、自分の実力でできる範囲が見えてきて、世間と比べた時の技量の開きにガッカリしたり、いま抱えてる事をこなさないと先に見える課題に手をつけられなくて焦りを感じたりする。
もう1人自分が居たらと良く思う。
後輩のやってる事がもどかしく思うようになって、でも口を出さないように見てるだけができるようにもなった。

まだまだ、全然できないなと思うのですよ。
ただ、最近は「コレ、こうできたら良いんだけどねー」って漠然とした話ではなく「コレをやってくれないか?」って具体的な相談を受けたりするようになったので、そこは成長できてるのかなぁと感じますよ。
あとは、昔の図面とか作ったもの見て恥ずかしく思うとか。


成長しないとなぁ。

« 滋賀に行ってきました | トップページ | 妄想工作 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26366/44755604

この記事へのトラックバック一覧です: 理想論:

« 滋賀に行ってきました | トップページ | 妄想工作 »