フォト

Blogパーツ

なかのひとブラウザ

  • Firefox3 Meter

なかのひと

« "事故に遭う" | トップページ | ノートは大事だよー(日経ものづくりNEWS  2008年9月22日 no.1060より) »

2008/09/16

松下のカメラもどきに思う

下に書く事は誰かを貶めるつもりでも何でも無く、ただ個人の意見てものでして。
読まれて不快になりましたら申し訳ありません。
まぁ、ブログに上げる時点で個人の意見もクソも無いってところもありますけれど。





さて。



世間でそこそこ話題に上がっている、松下の『LUMIX DMC-G1』。
ここまでくるとカメラと呼ぶ必要も無いんじゃないかと思うのですよ。
むしろ、形だって今までのカメラと同じような形状にする必要も無く。

なんでも、松下自身はデジタル一眼レフではなく「デジタル一眼」と呼ぶらしいですが、あまりピンとこないわけです。
確かにミラーが無いから「レフレックス(reflex:反射)」って言葉が無くなるのは当然なのですが、あまりに安直というか、捻り無さ過ぎ。
むしろ、ファインダー付けて、覗き込む必要ってあるの?
いまやビデオカメラも家庭用のものはモニタで見ながら撮影するのがほとんど。
普段まったく使う事はおろか見る事も無い生活なので、ファインダーって付いてるんだっけ?ってWebサイトなんかで確認しないとわからない始末。




でも、カメラにおいては多分、いきなりファインダーを取り除くと、大半のユーザーに受け入れられないという思惑があったんでしょう。
その辺に日本企業と欧米企業(特にAppleのような)との詰められない差があると思うんですが。


考え方が堅い、古いってのは承知の上で言えば、個人的には、そもそも旧来のフィルムカメラとデジタルカメラってのはまったくの別物だと思ってます。
どこかで眼にした意見で、「フィルムカメラは写真を撮るもの、デジタルカメラは画像データに変換するもの」ってのがあって、すごく納得した。
そう考えると最近出たNikonのD90も然り。
デジタルカメラ否定派ではないし、デジタルカメラだけしか使わない人を否定するわけでもないですが、ワタシの中でもそこははっきり分かれてる。
世間のほぼ大半の仕事(ビジネス、ワーク)の上ではデジタルデータ有利、というか、もはやデジタルじゃないと話にならない訳で、それはそれでリードタイムが縮まるし、デジタルで十分成り立つんだから、その点でデジタル、フィルムを議論したってしょうがないと思うのですよ。
今の世の中がすべてを表してる訳で、「デジタルフォーマットが標準!」って言われてるようなもんなんだから。
ただ、職業カメラマンはタイムが縮まった分だけ要求される時間も早くなったってので、息がつけないから大変だと聞きますけど。
仕事の上でアナログ云々てのは「昔は良かった」的な会話にしかならないと思うのです。


元々が物心付いたころからの機械好きが高じてカメラに手を出したわけで、フィルムカメラってメカニカル機だ電子制御機だと言っても、結局シャッター周りは機械であって、つまりは手の中で何かしら動いてる。
デジタルカメラもピント合わせや何かで動いてはいるけれど、なんか違うんですよね。
得体の知れないところが多いというか...何て言えばいいんだろう。何かが違う。
ネジの1本までバラすことができるか否か、自分の中での『機械』ってのはそういうものなのかも。
基盤、配線だらけで「で、この部品は何?」ってのが視覚、触覚、聴覚で分からないようなものはなんかイマイチ...
まぁ、でも、アナログ回路は分かりますよ。
ICのようなブラックボックスが理解できないだけで。

デジタルカメラがワタシにとっては『オモチャ』であり、フィルムカメラはオモチャ以上の『玩具』なのかなと。
どちらも「おもちゃ」だけど、カタカナと漢字のニュアンスの違い...


『感覚』で言うなら、フィルムカメラって写りこんだものが手に取れて、視覚以外でも実感することができるけど、デジタルカメラって単なるデジタルデータだから、その違いも差なんだろうなぁ。

これらのことも趣味でのほほんとやってるから言えることであって、職業カメラマンだったらどうか、製品開発部門だったらどうか、製造部門だったらどうかって、立場が変わったらまた意見もぜんぜん違うものになるんだろうなぁ。

あとは松下とNikonのCM全般(タレントに頼った軽くてケバケバしいCM)にものすごい嫌悪感を覚えてるってのもあるかもしれませんが(笑)

« "事故に遭う" | トップページ | ノートは大事だよー(日経ものづくりNEWS  2008年9月22日 no.1060より) »

コメント

「むしろ、ファインダー付けて、覗き込む必要ってあるの?」
老眼鏡かけてモニタを見たり,外して写す対象をみたりするより,視度調節したファインダーの方がずっと使いやすいと思うんですが.若い人にはわからないんだろうな.

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26366/42499837

この記事へのトラックバック一覧です: 松下のカメラもどきに思う:

« "事故に遭う" | トップページ | ノートは大事だよー(日経ものづくりNEWS  2008年9月22日 no.1060より) »