フォト

Blogパーツ

なかのひとブラウザ

  • Firefox3 Meter

なかのひと

« 気分転換、社長不在。 | トップページ | きょうがくのじじつ、みみをうたがう »

2007/11/12

府中での衝突事故について

ブログに書くべきか迷ったのですが、SNS以外でも既に数名に知らせてしまっているため、それらの方々に知らせるためにはブログしかツールが無いため、書く事にしました。
事が事ですので、期を見て削除するつもりでいます。御了承下さい。

先ずは、ご心配をおかけしてすみませんでした。
事故はバイクではなくクルマに乗っていた時ですので、ワタシに大きな怪我があった訳ではありませんし、同乗者含め、本日のところ身体に大きな不調は無いようです。
駆けつけた消防、救急の隊員の方達は事故の当事者が処置作業をしているとは思わなかったようで、事故車の搭乗者として名乗りを上げた際に明らかに不思議な表情を浮かべるくらいでしたので。
ただし、経験上、1週間は様子を見るべきと思いますので、ほんの少しの不調でも医者の診察を受ける事を同乗者に強くお願いしています。

本来、事故を公にする事は余計な心配をさせるため、絶対にしてはいけないはずなのですが、興奮状態だったのか余計な事を口走り、余計な行動をしてしまったため、結果、多くの人に心配をかける事となってしまいました。
この点について深く反省しています。



中途半端に無事だけ知らせるのでは余計な心配の種となりますので状況を簡単に説明します。
当方が自分の306で甲州街道 府中警察署付近をを東進中、対向車線にあきらかに挙動のおかしい軽自動車を発見しました。
それは歩道のパイプフェンスにぶつかったあと、反動でそのまま反対車線に向かって進行する形となり、中央側の車線に居た当方と正面衝突しました。
調書作成の際にお聞きしたのですが、相手方はお気の毒ですが、当方が現場で現場検証を受けている頃には息を引き取っていたそうです。
詳細は司法にて調査するそうですが、おそらく、脳疾患と思われる症状で衝突以前にすでに意識を失っていただろうとのことです。

場所も時間も人通り車通りが多かったため事故目撃者が多数おり、調書作成上もほぼ全員、状況、位置関係について違いの無い内容だったそうなので、今後、再検証などはおそらく無いだろうとの事です。
胸を張って言える事ではないのですが、ワタシおよび同乗者が事故時の対処、現場検証、調書作成について、それなりに経験があったため殆ど滞りなく処理が進み、現在までに警察関係の手続きは概ね済んでいます。
特に、恥ずかしながらワタシの事故歴が尋常でないため、必要な直後の手続き等は全て把握し、同乗者の協力の下済ませる事ができました。



当方および相手方の車両はいずれも前部大破、自走は不可能です。

今回の事故ではかなりの幸運が重なったため、衝突の衝撃、車両の破損状況の割にこちらの人的被害は少なくて済みそうです。
1)見通しの良い直線で、事故の直前に相手方の挙動が「おかしいぞ?」程度でも確認できていた事
2)赤信号で停止し、発信した直後だったので、こちらの速度がそれほど出ていなかったため、衝突前には急ブレーキながら停止できた(と感じている)事
3)相手方も速度が然程出ていなかった事
4)緊急時の状況判断ができる人間が同乗していたため、周囲の交通状況も含めた上で避けられないと即座に判断し、車内の他の同乗者に警告を発してくれた事
5)同乗者が警告にすぐに反応できた事

仮定法過去になりますが、もしかしたら避けられたのかもしれませんが、自分の技量が足らず、衝突事故となってしまいました。



ただ、いかなる事故であれ、運転者は最大の責務として事故を起こしてはいけないのですが、それを守れず多大な心配をかけてしまい、大変申し訳なく思います。
後悔の言葉は途切れる事無くあふれてくるのですが、1つ、ただ1つだけ口にするのであれば、怪我がほとんど無いとは言え同乗者を事故に遭わせてしまった事は、運転者として悔やんでも悔やみきれません。

ひとまず落ち着くまでは色々迷惑をかける事もあるかもしれませんが、大きな怪我がなかったので、過剰な心配をされませんようお願いします。

« 気分転換、社長不在。 | トップページ | きょうがくのじじつ、みみをうたがう »

コメント

先ずは、同乗者の方々を含め大きな怪我などの大事が無さそうなことは不幸中の幸いでした。

状況としては避けがたい事故のようですが、
相手のある事ですので、どうか落ち着いた対応を心掛けてくださいね。

持病を含めご自愛ください。
お互い、穏やかに暮らしましょうよ(^_^;)

お見舞いの言葉、ありがとうです。

ホント、落ち着きたいですよ。
まぁ、相手方ももう少ししたら落ち着かれるでしょうから、そこからお話し合いです。
そんなに揉めなさそうな印象ですよ。

と言うか、揉めようも無いという実感が...

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気分転換、社長不在。 | トップページ | きょうがくのじじつ、みみをうたがう »