フォト

Blogパーツ

なかのひとブラウザ

  • Firefox3 Meter

なかのひと

« ただいま中央道 | トップページ | 星が見える »

2004/12/02

エッセイの代わりに

一人で居る印象があると言われるが、別に一人が好き、と言うわけでなく、むしろ独りでは居たくはない。
大勢に混ざるとき、客観的に眺めて楽しんだり観察したり、その空気に飲まれ過ぎないよう、距離をとる事はままあるが、それは他に人が居るときの「一人」であり、けして「独り」では無い。

他人に迷惑を掛けぬよう、嫌な気分にさせぬよう気を付けているつもりだけれど、まだまだ未熟だからそれが出来ていないことも、それで足りないことも、それを忘れることも多い。
なによりそれで自分が自分でなくなるのが嫌だ。
ならば人を嫌な気分にさせるなら、その集団に迷惑を掛けるくらいなら、交わらない方がいい。
あらかじめ離れていれば他人に迷惑を掛けたり人を嫌な気分にさせることも無い。




そしてソガイカンを感じる事もない。





だから自ずと付き合う人間も限られてくる。



格好つけと言う勿れ。本人はこれでも必死である。
「一人」から「独り」になる疎外感や孤独感を味わうくらいなら、独りでいい、矛盾してるけど。

はじめから独りの孤独感と、大勢から独りの孤独感の差は、遥かに、大きい。

« ただいま中央道 | トップページ | 星が見える »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26366/2130054

この記事へのトラックバック一覧です: エッセイの代わりに:

« ただいま中央道 | トップページ | 星が見える »