フォト

Blogパーツ

なかのひとブラウザ

  • Firefox3 Meter

なかのひと

« とりあえず | トップページ | ほぼ保父さん »

2004/11/01

考えるより行動したこと

長岡から帰ってきて、2日。
徐々に落ち着いてきた。
やっぱり、冷静に対処してきたつもりでも、震災という特殊な状況下、興奮状態と言うか、場の空気に飲まれていたんだと思う。

今回、会社とか周りの人の事を考えるのもかなりおざなりになって、飛び出して行ったけど、多分、被災地に親しい知り合いが居なかったら飛び出して行かなかったと思う。

自分の事はどうでもいい、その人たちに会うため。
でなければ、現地と連絡がつき難くなっていた時点で、テレビが写し出す絶望的な光景を見た時点で、たくさんの道が寸断されて何度も行き止まって回り道をして生きている道を探して、一筋縄では辿り着けないと分かった時点で、普段の私なら諦めていたと思う。
そしてテレビの前の傍観者の1人になっていたと思う。

でも諦めなかった。
何度も何度も現地の知り合い達の番号が分かるだけでも必死にコールして、絶望的な光景の中からも必要な情報を掻き集めて、道を探す為地図と睨めっこして、多少は土地勘があったとは言え、よく辿り着いたと思う。
辿り着いた町が電気も消えゴーストタウンの様相を呈していたのに愕然としたけれども。

でも、帰ってきて既に9年の付き合いのO月に言われてハッとしたことがある。
お前が動くのは動じるのは物事よりも人だと。
だから、お前が飛び出して行くのは分かってたことだ、って。
そんなのあの1年の事件で分かりきってたことだ、って。

理念は正しいかもしれない。
でも、それに附随する行動は、多くが順序が違っていたり社会的に間違っていたのかもしれない。

でも、まず親が誉めはしなかったにしろ、その思い、行動を認めてくれたこと。
そして、何人かが私の無謀な行動を認めてくれたこと。
なにより、私が微力ながら手伝った避難所の人たちが感謝してくれたこと。

それだけでも、そのことだけでも良かったと思いたい。
現地の人に受け入れられただけで、意味があったと思いたい。
経験し、学んだことが数えきれない程あった。
それだけでもいい。
経験値は増えこそすれ減りはしない、と言うのが持論だから。

言い訳して、自分を正当化しようとしているのかもしれない。
けど、過ぎたことに悔やんでも始まらない。
これからを何とかするしかないと思う。
これからの中で自分の進めるように進む。

あの状況下で現地に辿り着けたんだから。
微力ながらボランティアとして人の助けになれたんだから、多分出来る。

« とりあえず | トップページ | ほぼ保父さん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26366/1825618

この記事へのトラックバック一覧です: 考えるより行動したこと:

« とりあえず | トップページ | ほぼ保父さん »